トップページ > 未分類 > 高齢者肺炎球菌予防接種助成事業

高齢者肺炎球菌予防接種助成事業

最終更新日: 2015年9月18日

町では、65歳以上の方を対象に高齢者肺炎球菌予防接種費用の助成事業を平成24年度から実施しています。

★対象者へは個別にご案内しております。

1.対象者(以下の条件をすべて満たす方)

①満65歳以上になる方

②長南町に住民登録のある方

③過去5年以内に肺炎球菌の予防接種を受けていない方

※すでに接種済みの方はお手数ですがご連絡ください

2.助成額

3,000円を上限に助成(助成は1人1回限り)

※接種を見合わせたときの費用(予診料等)はご本人の負担となります。

?3.接種方法

「高齢者肺炎球菌予防接種に関する説明書齢者肺炎球菌説明書」 を読み理解した上でご本人(原則として)が接種するか否かを決定します。

「高齢者肺炎球菌予防接種契約医療機関一覧」 に掲載されている医療機関へ予約をして、接種をします。

※掲載以外の医療機関で接種を希望される方は、事前にご相談ください。

③接種後、医療機関で「23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)接種済証」が交付されますので、大切に保管してください。

4.医療機関へ持参するもの

①「長南町 23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)接種予診票」(対象者の方には郵送しています)

※記入漏れのないようにしてお持ちください。

ご本人が記入できない場合は、署名欄に代筆者氏名と続柄を記入してください。

②年齢や住所を確認できるもの(保険証等)

③自己負担金(接種費用は医療機関により異なりますので、医療機関にご確認ください)

5.その他

・現在医療機関を受診している場合や服薬している場合は、あらかじめかかりつけ医にご相談ください。

・副反応について:

接種後に注射部位の腫れや、痛み、ときに軽い発熱が見られることがありますが、日常生活に差し支えるほどのものではありません。通常1~2日で消失します。多くのデータにより、安全に接種できることが確認されています。

・過去5年以内に接種されている場合は副反応が強く発現すると報告されています。再接種する場合は医師に相談のうえ、必ず5年以上の間隔を空け接種してください。

 

ページの先頭へ戻る