トップページ > 健康・福祉 > 高齢者 > 緊急通報装置貸与事業

緊急通報装置貸与事業

最終更新日: 2016年6月29日

制度概要

・ひとり暮らしの高齢者等に対し、緊急通報装置を貸与する制度です。

対象者

・町内に居住する在宅のひとり暮らしの高齢者または、高齢者世帯のうち1人を除き老衰、心身の障害及び傷病等の理由により臥床している世帯等

利用の方法

・急病や事故などの突発的な事態が発生し、緊急に援助が必要な場合、ボタンを押すだけで緊急通報センターに連絡されます。

・センターに通報があった場合、駆けつけてくれる協力員の登録が必要となります。

申請手続きに必要なもの

・申請書(窓口にあります)

・印鑑

ページの先頭へ戻る