トップページ > 子育て > 保育所 > 保育所案内

保育所案内

最終更新日: 2017年11月7日

保育所とは、

保護者が働いていたり病気などのため、家庭でお子さんを保育できないときに、保護者に代わって保育する福祉施設で、保護者のいずれもが保育を必要とする事由に該当することが認められる場合、入所することができます。

長南町の保育所は、長南町立長南保育所の1ヵ所です。

長南町立長南保育所

所在地 〒297-0121  長南町長南759番地
電 話 0475-46-0934
FAX 0475-46-0928

 

 

1.保育時間(月曜日~土曜日まで)は、8時間

(開所時間は、7:00~18:30です。)

保育利用範囲 延長保育
(標 準)  7:00~18:00 18:00 ~ 18:30
(短 期)  8:00~16:00 7:00 ~  8:00
16:00 ~ 18:30

 

2.保育所の入所の要件

(1)保育所の入所にあたり

保育所において保育を希望する場合、以下の保育を必要とする事由に該当することが必要です。

<保育を必要とする事由>

就労 月60時間以上仕事をしている場合
出産前後 母親が出産前後である場合(産前産後各2カ月間)
保護者の疾病、障がい 病気または心身の障がいにより、保育ができないと認められる場合
同居親族の介護、看護等 病気または心身の障がいのある家族を常時介護又は看護している場合
災害復旧 災害により居宅が破損し、その復旧のため保育ができない場合
求職中 求職中(起業の準備を含む)を常時かつ継続的に行っている場合
(ただし、入園後90日以内に就労することが必要)
就学・職業訓練 就学・技能習得のため保育ができない場合
保護 虐待やDVのおそれがある場合
育休休業 保育所を利用している園児の保護者が育児休業を取得するにあたり、その園児が引き続き保育所を利用することが必要であると認められる場合
その他 その他特別な理由や事情により家庭で保育できない場合

 

(2)「保育の必要性」の認定

平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしました。

新制度に伴い、保育の必要性に応じた「認定」を受ける必要があります。保育所を利用する場合には、年齢により2号又は3号の認定が必要です。

<認定の種類>

認定の区分 利用できる施設
2号認定 満3歳以上で(1)に該当し、保育を希望する場合 保育所、認定こども園
3号認定 満3歳未満で(1)に該当し、保育を希望する場合 保育所、小規模保育、認定こども園
1号認定(参考) 満3歳以上で、教育を必要とする場合 幼稚園、認定こども園

 

3.入所相談・申込方法

年度途中の入所相談は保健福祉課で随時行っております。また、入所は、原則毎月1日からとなりますので、入所希望月の前月の15日までに申込みに必要な書類を添えて、お申し込みください。

 

毎年11月上旬から12月上旬に次年度4月以降(当該年度中)の入所申し込みを受け付けています。

保健福祉課 児童係 46-2116 (本庁舎 1階)

 

4.入所に必要な書類

用紙は、保健福祉課で配布しています。郵送もしますのでお問い合わせください。

(1)施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書

保育所入所申込みと兼ねて保育の必要性の「認定」を受けるための申請です。

 

(2)保育を必要とする状況を証明する書類

原則として両親分が必要となります。該当する項目の書類を提出していただきます。

就労 勤務・内職証明書
出産前後 母子健康手帳 (写し)
保護者の疾病・障がい 医療機関の診断書
障害者手帳・療育手帳(写し)
同居家族の介護・看護等 医療機関の診断書、障害者手帳・療育手帳(写し)
介護保険者証(写し)
災害復旧 羅災証明等
求職活動 求職活動申告書
就学 学生証(写し)又は在学証明書(原本)及び時間割(写し)
保護 ご相談ください。
育児休業 ご相談ください。
その他 ご相談ください。

 

5.入所までの流れ

入所申込み 役場保健福祉課で、支給認定申請書等の提出を受け付けます。
調   査 担当者が書類及び電話等による確認を行います。
口座振替の手続き 入所までに口座をお持ちの金融機関の手続きをしていただきます。
入所説明会 入所にあたり準備するものなどの説明を行います。
入所決定・通所開始 支給決定通知書により通知します。
保育料の支払い 保育料は、口座振替の手続きをした金融機関から、毎月13日に引き落とされます。

 

6.保育料等について

(1)保育料

世帯の階層区分 保育料の月額(1人につき)
階層 定義 3歳未満児 3歳以上児
保育標準時間 保育短時間 保育標準時間 保育短時間
生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯 0円 0円 0円 0円
B1 市町村民税非課税世帯 ひとり親等世帯 0円 0円 0円 0円
B2 ひとり親等世帯以外の世帯 5,000円 5,000円 3,500円 3,500円
C1 市町村民税所得割課税が額48,600円未満 ひとり親等世帯 5,000円 5,000円 3,500円 3,500円
C2 ひとり親等世帯以外の世帯 12,000円 12,000円 9,000円 9,000円
D1 市町村民税所得割課税額が48,600円以上で148,000円未満    77,101円未満のひとり親等世帯 5,000円 5,000円 3,500円 3,500円
D2   57,700円未満のひとり親等以外の世帯 19,500円 19,500円 17,000円 17,000円
D3  上記以外の世帯 19,500円 19,500円 17,000円 17,000円
市町村民税所得割課税額が148,000円以上で219,000円未満 28,000円 28,000円 23,000円 23,000円
市町村民税所得割課税額が219,000円以上で301,000円未満 36,500円 36,500円 28,000円 28,000円
市町村民税所得割課税額が301,000円以上で397,000円未満 42,000円 42,000円 28,500円 28,500円
市町村民税所得割課税額が397,000円以上 42,000円 42,000円 28,500円 28,500円

 

※同一世帯から2人以上の児童が入所する場合、次のようになります。

兄弟で同時利用する場合、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は無料となります。

年収約360万円未満相当の世帯の場合、同時利用の有無にかかわらず第2子は半額、第3子以降は無料となります。(ひとり親等世帯については、第1子目から半額、第2子以降は無料となります。)

 

(2)その他

保育料以外の負担として、主食代(3歳以上)、送迎バスの利用料などが必要です。

詳しいことは、長南保育所へお尋ねください。

 

ページの先頭へ戻る