トップページ > くらし > 緊急・防災 > 長南町木造住宅耐震診断補助制度

長南町木造住宅耐震診断補助制度

最終更新日: 2015年9月18日

①補助対象住宅

(1)長南町の区域内にある住宅
(2)自己の居住のための住宅
(3)昭和56年5月31日までに建築、もしくは着工された2階以下の木造戸建て住宅
(4)主要構造部が木材の在来軸組構法で建築された住宅
※住宅部分の面積が半分以上の店舗併用住宅等も補助の対象です。
※1棟につき1回限りの補助とします。

②補助対象者

(1)長南町に住所を有する方
(2)長南町に住宅を所有し、かつ居住している方
(3)町税に未納がない方

③補助額

(1)耐震診断に要する費用の2分の1 限度額6万円

④耐震診断を行う者(診断士)

(1)1級建築士・2級建築士又は木造建築士で千葉県が開催する
木造住宅耐震診断講習会を受講した者
(2)上記(1)に相当するものとして町長が認める者

⑤診断内容

(1)簡易診断・・・建築士との口頭による聞き取りなどの診断で補助対象外です。

(2)一般診断・・・目視や図面等により、主要な部位を評価し、耐震改修工事の必要性を判断します。 費用はおおよそ5万円~15万円と言われています。補助対象となる診断方法です。

(3)精密診断・・・仕上げ材等を剥がしたり穴を開けたりして、主要な部位及び細部を評価し、耐震改修工事の必要性の最終的な判断や補強後の耐震性能の評価等を行います。
費用はおおよそ20万円~30万円と言われています。補助対象となる診断方法です。

※一般診断又は精密診断のどちらかに1回限りの補助となります。診断士と相談のうえ、どちらの診断を 行うか十分にご検討ください。

ページの先頭へ戻る