トップページ > 学ぶ・参加する > 社会教育 > (仮称)渡邉辰五郎記念館基本構想検討委員会

(仮称)渡邉辰五郎記念館基本構想検討委員会

最終更新日: 2016年10月27日

(仮称)渡邉辰五郎記念館基本構想検討委員会を立ち上げました。

町では、平成28年3月に策定いたしました「長南町まち・ひと・しごと創生総合戦略」に提示してあります、「郷土の偉人(渡邉辰五郎)記念館事業」を長南町と東京家政大学との協働事業により交流人口の増加等を図り、かつて宿場町だった長南街中に活力を与える郷土学習、観光の拠点施設として地域の発展につなげようと、昨年度の地方創生加速化交付金の中で、(仮称)渡邉辰五郎記念館基本構想策定事業が採択されました。それに基づき(仮称)渡邉辰五郎記念館基本構想検討委員会を設置し基本構想を策定するために検討・協議しています。

○(仮称)渡邉辰五郎記念館基本構想検討委員会とは

 渡邉辰五郎記念館を拠点施設とし、東京家政大学との協働により交流人口の増加等を図り、長南街中に活力を与え地域の発展につながる渡邉辰五郎記念館建設に向けての基本構想の策定に関し必要な事項を検討・協議するために設置されました。

○検討委員会委員

 検討委員会の委員は下記の15名以内で組織されます。

(1) 地域団体の代表者 4名

(2) 学識経験者 4名

(3) 関係機関の職員等 2名

(4) 産業界及び金融機関の関係者 2名

(5) 前各号に掲げるもののほか、教育長が必要と認める者 3名

ページの先頭へ戻る