トップページ > お知らせ > 新築や増改築をしたときは家屋評価にご協力を

新築や増改築をしたときは家屋評価にご協力を

最終更新日: 2016年8月4日

平成28年1月2日以降に新築や増改築をした場合(予定含む)は、現地調査を行いますので、税務住民課賦課係までご連絡ください。

 

期  日 9月1日(木)まで

現地調査時期 9月~12月

 

家屋の評価とは?

家屋を屋根や外壁、各部屋の内装、建具などに区分し、固定資産評価基準に基づき評価額を算出します。

家屋調査にあたっては、税務住民課賦課係の職員2人が訪問し、ご家族の立ち会いの中で行います。

 

家屋を取り壊したときは?

登記されている家屋は、法務局に滅失登記をすることで翌年度の固定資産税の課税対象から除かれます。

しかし、登記されていない家屋(未登記家屋)を取り壊したときは「家屋の滅失届書」を税務住民課賦課係に提出する必要があります。

家屋の滅失届出書

 

未登記家屋の名義変更をしたいときは?

名義人の死亡などによって名義を変更する場合は、「未登記家屋納税義務者に関する届出書」を税務住民課賦課係に提出してください。

未登記家屋納税義務者に関する届出書

 

問い合わせ先   税務住民課 賦課係 TEL0475-46-2118

ページの先頭へ戻る