トップページ > お知らせ > 『長南町公共施設等総合管理計画』を策定しました

『長南町公共施設等総合管理計画』を策定しました

最終更新日: 2017年3月31日

 本町の公共施設は、昭和40年代後半から昭和60年代にかけて庁舎をはじめ、多くの施設が整備されました。

このため建築後30年以上経過している施設が全体の7割以上あり、老朽化対策が大きな課題となってきています。

また、今後、人口減少等により公共施設の利用需要が変化していくことが予想されます。

  このような状況に対応するため、公共施設の全体状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化

などを計画的に行い、厳しい財政状況の中、財政負担を軽減・平準化することを目的として「長南町公共施設等総合

管理計画」を策定しました。

 blank ● 計画期間 30年間(平成29年度から平成58年度まで)
● 計画対象施設等:  公共施設・・・庁舎、公民館、小学校、中学校などの建築物
 インフラ資産・・・道路、橋りょう等

 今後は、将来にわたり継続可能な公共サービスを提供し続けるために、本計画に基づき公共施設の保有量の

適正化を図ります。

長南町公共施設等総合管理計画

長南町公共施設等総合管理計画(概要版)

ページの先頭へ戻る