トップページ > お知らせ > 郷土資料館 冬の展示『郷土の縄文海進~古長生湾があった時代』

郷土資料館 冬の展示『郷土の縄文海進~古長生湾があった時代』

最終更新日: 2017年12月9日

縄文時代は今より気候が温暖で海面も高く、ピーク期には長南町域まで海岸線が達していたと考えられます。本展では縄文海進期に形成された海域を『古長生湾』と呼称し、貝塚出土資料などの展示を通じて、当時の環境と縄文人たちの暮らしを紐解きます。

【期 間】12月9日(土)~平成30年2月18日(日)

【開館時間】午前9時~午後4時

【休館日】12月29日~1月3日

入館無料

【展示資料】下太田貝塚出土資料、石神貝塚出土資料(以上、茂原市)、貝殻塚貝塚出土資料(一宮町)、新田野貝塚出土資料(いすみ市)ほか

 

ページの先頭へ戻る