トップページ > お知らせ > 新型コロナウイルス等感染症を踏まえた避難について

新型コロナウイルス等感染症を踏まえた避難について

最終更新日: 2020年7月2日

地震や水害はいつ襲ってくるか分かりません。事前にハザードマップ等を確認し、災害時には危険な場所にいる人は避難することが原則です。

町では、新型コロナウイルス感染症が蔓延する中で災害が発生した場合、感染症対策を踏まえて避難所を開設しますが、大勢の人が集まると、密閉・密集・密接の「3密」状態になることが予想され、感染リスクが高まります。

自宅の安全が確保された人は、避難所に行く必要はありません。自宅でより安全な場所へ行く「自宅避難」をしましょう。

自宅での避難が困難な場合、可能であれば、親戚や友人宅等、避難を受け入れてくれる場所へ避難することも検討してください。

 

知っておくべき5つのポイント・避難所における新型コロナウイルス等感染症への対応

ページの先頭へ戻る